• 画像1
  • 画像2
  • 画像3
  • 画像1

人はなぜ「美しさ」に惹かれるのか

人はなぜ美を求めるのでしょうか?綺麗になるためにお洒落な服や髪を染めてみたり、化粧をしたり。美しさを追求するのは、 女子の永遠の課題と言っても過言ではありません。 いったい、その欲求はどこから湧き上がるんでしょうか。

①魅力的な異性獲得

優秀な遺伝子を残したいという本能

②自己満足

自己のモチベーションアップ

③承認欲求

好感度や社会的依地位のため清潔感は大事

④健康のため

美しいとは健康であること

⑤本能的な美意識

先天的な本能と後天的な芸術感覚

美しさを求める理由と欲求

①赤ちゃんが可愛い理由

人間の赤ちゃんは、他の動物と違い、親への依存が大変高いです。生きるために、世話をしてくれる人の存在は必要不可欠。そこで、可愛さが、世話をされ保護をしてもらうための 大変重要な鍵となります。つまり、可愛ければ可愛いほど、生き残る確立もあがるということ。では、何がそんなに可愛いのでしょうか。赤ちゃんの可愛さは、生き残るための生物の仕組みにあったわけです。 全て計算の上。侮れません。

②「美しい」と感じるバランス

数学的に解明された最も安定した美しといわれる比率は、おおよそ1:1.618となります。古代エジプトのピラミッドやギリシャのパルテノン神殿、ミロのビーナス彫刻にも使用されている 比率です。この比は現代でも名刺サイズに使用されたりTV画面やパソコン画面の規格にも採用されています。黄金比はもちろん人の顔や身体のバランス にも大きく関わっており、万人が美しいと感じるバランスになります。

③左右対称を求める本能

人は恋人を探すとき、相手の体が左右対称かどうかで身体的な美しさを評価している事が研究で分かっています。左右対称のプロポー ションは生物として健全であることを示し、左右の小さなずれが健康状態の悪さや 生存能力、子孫繁栄能力の低さにも関連し、発育不良や環境的、遺伝的なストレスの 受けやすさを示しているのです。左右対称の美しさは生物学上、本能的に求めている自然な欲求なのです。