美容と睡眠

意外と知らない?

「綺麗になるための睡眠」で気を付ける事

人間は人生の約三分の一を睡眠に費やします。
それほど睡眠は私達にとって重要な意味があるのです。
睡眠中、私たちの体は、日中に受けた紫外線や疲れなど
あらゆるダメージから回復させるという、素晴らしい機能を持っています。
日々の睡眠と上手に付き合い、質の良い睡眠を効率良く取ることは
健康で綺麗な体へエネルギーを与える重要な習慣なのです。

No.1

自分に合った枕を使う

眠りの質は健康に影響を及ぼします。 自分に合わない枕を使い続けていると、不眠や肩こりなどの原因となり、 日常生活に差し障ることもあるので、自分の体に合った枕をえらびましょう。 専門店ではプロの販売員がピッタリの枕をセレクトしてくれます。

枕

No.2

早めに就寝する

新陳代謝を活発にし、細胞の修復を促す働きもある成長ホルモンは 22時~深夜2時の間が最も分泌が多くなるといわれています。 良質な深い眠りを得るためのメラトニンと、肌の修復に欠かせない成長ホルモンの 分泌がピークになる時間帯が重なる22時~深夜2時が ゴールデンタイムといわれる所以です。 働く女性が22時に就寝するのは難しいですが24時には眠りにつきましょう。

就寝

No.3

塩分のとりすぎに注意

就寝前の塩分のとりすぎは神経を興奮させ穏やかな眠りを妨げます。 体内では塩分濃度を一定に保つために塩分を摂り過ぎると体の水分量が増えます。 塩分を摂り過ぎるとむくむのはこのためです。 この状態が続くと代謝が落ち、やせにくい体になってしまいます。 そんなむくみがちな人、日頃塩分量を気にしていない人に 効果が出やすい「減塩ダイエット」というものがあります。

食べ物

No.4

睡眠時間はたっぷり8時間

寝不足気味の人は顔や首、胸に小じわやしみが多く肌の弾力と水分量が少ないというデータがあります。 お肌を若々しく保つには睡眠が不可欠で、逆に言えば寝不足だと 肌の老化が進み、早々に老けこんでしまうそう。 深い眠りのノンレム睡眠時には成長ホルモンが放出されますが この成長ホルモンは肌の回復にも一役かってくれるのです。 つまり、美容の為には早い就寝、十分な睡眠時間が必要不可欠と言えます。

時計

PAGE TOP